公平な相続

遺言のおかげで相続争いを予防することができた。遺言書を残してくれてありがとう。

遺言ネット
Top >>遺言とは >> 公平な相続

遺言者の責任〜公平な相続

遺言書を残された相続人たちにとって、遺言のおかげで相続争いを予防することができ有難いと思うことでしょう。.lf.

「被相続人」が「遺言」を残さなかった場合は、「相続人」が遺産を分割しなければいけません。「法定相続」に従って遺産を分ける場合でも、遺産の帰属を具体的に決めるためには、「相続人」全員で「遺産分割協議」を行う必要があります。

〈遺産がもらえる〉となると…(より多く、より良い物を〜)‥と思うのが、人情なのでしょう。『協議』が成立せず、収拾が付かなくなる場合も多いようです。

「遺産分割協議」が紛糾して結論が出ない場合は、「家庭裁判所」の『調停』や『審判』によって、解決することになります。しかし、「相続人」たちの《相続争い》が、あまりにも深刻であるため…「家庭裁判所」による解決が困難になる事例も、少なくないようです。

民法第九百七条 2
遺産の分割について、共同相続人間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、各共同相続人は、その分割を家庭裁判所に請求することができる。



遺産に『不動産』が含まれる場合は、「遺産分割」が成立した後でもトラブルが多くなっています。『不動産』は、具体的な価値が不透明で…「遺言」でも無ければ、「相続人」たちが《公平性》を実感するのは難しいようです。

『不動産』を「相続」する際は、相当な覚悟が必要なのかもしれませんね。

民法における「法定相続」の規定は、《一般的な家族関係》を想定しています。「法定相続」を、実際に個々の家族に当てはめると…〈「相続人」たちの間に、《公平性》は図られない〉‥という場合も、少なくありません。

最も分かりやすいのは、『子』の例かと思われます。「法定相続」の規定では、「被相続人」の『子』の相続分は、全て平等に設定されています。

しかし、幼少の時分から「被相続人」と共に苦労して困難を乗り越え、家業を助けてきた『子』と…家業を離れて自由放蕩三昧であった『子』が平等では、逆に、《不公平》と思わざるを得ません。

身体障害など、行く末が案じられる『子』には多くの遺産を残してあげたいですし‥。

このような場合、「遺言者」(=「被相続人」)が自らの『子』に対してそれなりの差を設けることは妥当であり、《真の公平と平等》になると思います。家族関係を理解して、「遺言」によって《相応な相続の仕方》を決めておくことは、必要なことなのです。

残された「相続人」たちにとっても…《相続争い》を予防することができ、「遺言者」が自分たちを理解して困らないようにしてくれたことを、有難いと思うことでしょう。

また、「相続人」や「受遺者」が…「遺言者(遺贈者)」より先に、あるいは同時に死亡することもあり得ます。この場合、「遺言」の当該部分は失効してしまいます。

したがって、そのような心配がある場合、例えば…〈妻が「遺言者」の死亡以前に死亡したときは、財産を妻の妹に「相続」させる〉‥などと、決めておけばよいわけです。

これを、『予備的遺言』といいます。

「予備的遺言」は、遺産を与えたい人が、「遺言者」より先に死亡した場合に備える《二次的遺言》です。子供のいない夫婦が、〈配偶者に全てを「相続」させる〉‥などといった「遺言」を夫婦相互にする場合に、「遺言」の中に「予備的遺言」を加えておきます。

「予備的遺言」があれば、〈財産の行き場所が無い〜〉‥ということは、ありません。《公平かつ万全》な「遺言」で、「遺言者」も安心です。
このページの一番上へ
遺言ネット
遺言とは
遺言の役割
遺産分割協議
遺言の裏技…気楽な遺言
公平な相続
遺言の裏技…保険と遺言
遺言事項
遺言の時期

関連サイト
相続ネット
遺言ネット
相続税ネット
サイト情報
トップページ
サイトマップ
運営元情報

遺言とは

遺言のすすめ

未成年と後見

自筆と公正証書

手続と訂正

執行と遺留分