遺産分割協議

遺言が無かったばかりに遺産相続を巡る争いが発生するかもしれない。

遺言ネット
Top >>遺言とは >> 遺産分割協議

遺産分割協議書〜骨肉の争い


「遺言」が無かったばかりに…遺産相続を巡り壮絶な争いが発生することが、少なからず有るようです。「相続」が起こるまでは仲良しだった近親者同士が、「被相続人」の財産や権利などを求めて争うのです。

財産等の分配について、何も意思表示せずに《故人》となってしまうと…残された「(法定)相続人」が集まり、話し合って故人=「被相続人」の遺産の分け方を決めることになります。これを、「遺産分割協議」といいます。

ところが、この「遺産分割協議」…必ずしもスムーズに、何のモメごともなく円滑に進んでゆくとは限りません。話し合いで始まったはずが、徐々に険悪なムードになり、いつの間にか喧嘩になったりして‥。

「被相続人」の財産等…〈遺産とは、故人の《生きた証》である〉‥と言っても、よいでしょう。そして、「法定相続人」とは…故人を含めて血肉を分けた、最も親しく、濃い絆で結ばれている間柄です。

〈血は水より濃い〉…はずなのです。そんな血縁者が、《骨肉の争い》を繰広げるわけです。悲しいですね‥。

民法第九百七条  共同相続人は、次条の規定により被相続人が遺言で禁じた場合を除き、いつでも、その協議で、遺産の分割をすることができる。
2  遺産の分割について、共同相続人間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、各共同相続人は、その分割を家庭裁判所に請求することができる。



また、遺産の内容が、金融資産のように簡単で分けやすい財産のみであれば…《「法定相続分」による分割》ということで、速やかに決着するでしょう。

ところが、財産に不動産や株式などが含まれると、事態は難しくなりそうです。誰が何をどのくらい「相続」するか‥など、思惑が錯綜し利害が衝突して、収拾がつかなくなるかもしれません。

こんなとき、「被相続人」が残した「遺言」があれば…遺産相続における《騒乱》や《悲劇》が起こるのを防ぎ、円満に「遺産分割」を進めることが可能になります。「被相続人」が「遺言書」を作成し、自分が残していく財産等の帰属を決めることによって、「相続」を巡る争いを防止するのです。

また、遺産(相続財産)の中には、借金など《マイナス》の財産もあります。
そして、「相続」には…相続財産をすべて受け継ぐ『単純承認』と、《プラス》の範囲で《マイナス》の財産も「相続」する『限定承認』があり、「相続人」が選択できます。さらに、『相続放棄』をすることも可能です。

『相続放棄』をすると、最初から「相続人」でなかったことになります。したがって、《骨肉の争い》に巻き込まれることはありません。
また、『限定承認』では、《プラス》の財産は《マイナス》の財産と相殺されるため…《マイナス》が多い場合は実質的に《分割を要する遺産》が少なくなり、「遺産分割協議」が不要になることもあるようです。

「相続人」が一人しかいなければ、「遺産分割協議」は不要です。(《協議》しようがありませんから‥)しかし、〈遺産は全部自分のモノ〉だからといって…預貯金/株式/土地建物‥などの名義が、自動的に変わってくれるワケではありません。『名義変更』など、所定の手続きをしなければ、遺産は本当の意味で自分のモノではありませんよ。
このページの一番上へ
遺言ネット
遺言とは
遺言の役割
遺産分割協議
遺言の裏技…気楽な遺言
公平な相続
遺言の裏技…保険と遺言
遺言事項
遺言の時期

関連サイト
相続ネット
遺言ネット
相続税ネット
サイト情報
トップページ
サイトマップ
運営元情報

遺言とは

遺言のすすめ

未成年と後見

自筆と公正証書

手続と訂正

執行と遺留分