遺言の役割 

遺言書によって遺言者の意思をその死後に実現させるためのものが遺言です。      

遺言ネット
Top >>遺言とは >> 遺言の役割 

遺言書の役割は最後の意思

「遺言」とは、遺産に対する「遺言者」の意思を尊重して、その人の死後に実現させるためのものです。「遺言書」を残すことによって、自分が死亡した後の財産や権利の継承者を、自由に決めることができるのです。.lf.

人生の終焉に臨むとき、人は何を思い巡らすのでしょう‥。残していく家族、成し遂げた仕事、果たせなかった夢…そして、現在自分が持っている財産や権利などは、どうすれば良いのでしょうか?

生涯をかけて一代で築き上げた、あるいは代々守り続けてきた財産等が有る人ならば…〈この財産を大切に受け継いで、もっと有用に活かしてくれる人に託したい〉‥などと、願いのでしょうね。

人が死亡すると、残された遺族が、その人が生前所有していた財産等(=遺産)を「相続」することになります。死亡した人は「被相続人」、その財産等を「相続」する人は「(法定)相続人」と呼ばれます。

そして、「被相続人」が所有している財産等の分け方(遺産分割)を、「相続人」に対して指定するものが「遺言」です。「相続人」は、「遺言」に従って遺産を「相続」することになります。

「相続人」の相続分の割合は民法によって定められていて、これを「法定相続」と言います。(民法900条)「遺言」が無いときは、この「法定相続」に従って、遺産を分けることになります。

民法 第九百条  同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。
一  子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。
二  配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。
三  配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。
四  子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。



例えば、子と配偶者が「相続人」である場合…〈子と配偶者の各相続分は、それぞれ2分の1〉となります。

遺産が、金融資産などのように《2分の1》できっちり分けられるものだけなら、問題は無さそうです。でも、土地建物や株式などは…価値が一定ではなく評価も抽象的で、気持ち良く(?)分けるのは難しそうですね‥。

また、「被相続人」が行っていた事業や農業の経営権なども、相続の対象です。これらの権利も相続財産(=遺産)として、「法定相続分」の通りに《複数の「相続人」》で分けてしまうと…その事業や農業の継続は、難しくなると思われます。

きっちり分けられるものも、分けられないものでも、「遺言」ならば…〈妻に自宅、長男に会社(経営権)、二男に預貯金、長女に株式〉‥など、遺産の分け方を具体的に決められます。家業などを、特定の「相続人」に承継させることも可能です。

また、「遺言」によって、「(法定)相続人」ではない人に遺産を分け与えることもできます。このことを「遺贈」といい、「遺言」を残して死亡した人は「遺贈者」、遺産を受取る人は「受遺者」と呼ばれます。

「遺言」とは、遺産に対する「遺言者」の意思を尊重して、その人の死後に実現させるためのものです。「遺言書」を残すことによって、自分が死亡した後の財産や権利の継承者を、自由に決めることができるのです。

つまり、「遺言」とは…〈「被相続人」または「遺贈者」(=「遺言者」)の、《最終的な意思表示》である〉‥と、言えるでしょう。
このページの一番上へ
遺言ネット
遺言とは
遺言の役割 
遺産分割協議
遺言の裏技…気楽な遺言
公平な相続
遺言の裏技…保険と遺言
遺言事項
遺言の時期

関連サイト
相続ネット
遺言ネット
相続税ネット
サイト情報
トップページ
サイトマップ
運営元情報

遺言とは

遺言のすすめ

未成年と後見

自筆と公正証書

手続と訂正

執行と遺留分